新品仕上げについて


時計を普段使いしているとどうしても目立ってきてしまうキズや汚れなど。

自分で磨くキズ取り用の革でやってもなかなか消えない。。っていう経験が誰でもあると思います。

表面の極々浅いキズであれば自分で取り除くことができるかもしれませんが、引っかきキズや少し凹んでしまった場合などは職人による磨きに出したほうが品質・満足度ともに段違いだと思います。

ケースやブレスレットの磨きという仕事は、皆さんが考えている以上に職人さんの力量に左右される部分が大きいんです。

ロレックスのサービスセンターでは磨き作業だけを専門にしている職人さんがいるぐらい奥が深い分野。

磨き作業を頼んだのは良いけど戻ってきた時計を見たらラグが丸くなって細くなってた、なんていう話を聞いたりしますよね。

それだけ誰でもできる仕事ではなく、経験と腕の良さがモノを言うのが「磨き」という作業です。

オーバーホールの時に磨きも依頼される方が大半だとは思いますが、磨き作業だけのご依頼も承っていますのでお気軽にお問い合わせ下さいね。

新品仕上げのBefore/After

それでは実際に新品仕上げをした時計がどれぐらい変わるのか見てみましょう。

AUDEMARS PIGUET(オーデマ・ピゲ)  ROYAL OAK ロイヤルーオークのラグ部分のスレキズや角に使用感あり。

普段使いしていると、この角の部分とか気を使っていてもキズが付いたりしますよね。

お気に入りの時計になればなるほどちょっとした小キズが気になります。

これを職人仕上げると。。

磨き作業後。しっかりとキズが消えて、ラグの角が立っているのが分かります。

全体を見るともっと分かりやすいですね。

写真を見ると分かるとおり、仕上げがミラー(鏡面)仕上げと縦筋が入るヘアライン仕上げの2種類で構成されています。

同じケースで違う仕上げが混在しているので磨きの難易度が上がり、また手間がかかります。

 

ケースの汚れとキズがあってなかなか状態が悪い場合

 

このような汚れや多少の錆も、丁寧な洗浄と職人の磨きで見違えるようにキレイになります。

ケースをアップにしてみると、かなり傷や汚れなどが目立ちますね。

このような状態で使い続けるとケース自体が劣化してきます。

このままで放置しておくと更にひどくなっていくので、定期的なオーバーホールや磨きが必要ですね。

この状態がどれぐらい変わるかというと。。

一目瞭然ですね。ピカピカになりました。

わかりやすいようにビフォア・アフターの写真で見ると。。

こんなに違います。

 

磨きの良し悪し、また腕の良さがどこに表れやすいかというとラグ部分に違いが出やすいんです。

このツイストしたようなラグ部分は見るからに磨きが難しそうですよね。

しかもツイスト部分がミラー(鏡面)仕上げで、それ以外がヘアライン仕上げというかなり職人泣かせ。

このラグ部分にキズが入ってしまっている状態のものがどれぐらいキレイに仕上がるのでしょうか?

全く違いますね。元の状態にあった大きなキズはもちろん、仕上げが違う境目のところも文句なしの仕上がりです。

時計のケースは元々の状態から5.6回のポリッシュが限度。あまりポリッシュを重ねたケースは特にラグ部分が細くなったりケース自体が薄くなったりして防水などの面から考えても良くありません。

ドレス系以外の時計はキズなども味のうちのひとつと考えて磨かないっていう選択肢も有りかなと思います。

とは言え、きれいな方が好きっていう方も多いので難しいところですが腕の良い職人なら最小限の磨きできれいにしてくれますので、まずはご相談下さいね。

新品仕上げの料金

ケース・ブレスレットの新品仕上げは¥22,000〜 承っています。

ケースを分解し、キズ取りを含んだバフ研磨による鏡面部分の研磨、ヘアライン入れを行います。

ポリッシュ作業のみのご依頼も承っておりますのでお気軽にどうぞ。

納期について

基本的に作業開始から約4週間でお渡しが可能です。

ご依頼数の多い時にははもう少しお時間を頂くこともございますが、基本的には上記の納期とお考え下さいませ。

年末年始やGWなどの長期の祝祭日をはさむ場合は上記の納期にプラスされますことを予めご了承下さいませ。

ご依頼時のご注意

風防等の外装部品も分解してから作業を行います。

その際、劣化のため部品交換が必要となる場合は別途、最低限の部品代が必要となる場合がございます。

かなり大きく深いキズや打痕は完全に取り除くことができない場合がございます。

複雑に加工されたパーツやメッキ処理が施されている箇所は研磨を行いません。

※金張りの時計は研磨作業をお断りする場合がございます。

ご不明場合はご依頼前にお問い合わせ下さいませ。

お問い合わせはこちらから