腕時計修理・オーバーホール

オーバーホール基本料金は¥20,000〜

修理・オーバーホール(分解清掃・注油など)は¥20,000〜(税抜) 承っています。

状態により部品交換が必要になる場合がございます。お預かり後に部品交換代を含む、合計金額をお見積りいたします。

部品交換に用いるパーツは基本的にメーカー純正品を使用いたします。

新品仕上げ(ポリッシュ)は¥20,000〜

ケース・ブレスレットのポリッシュ(研磨)は¥20,000〜(税抜) 承っています。

ケースを分解し、キズ取りを含んだバフ研磨による鏡面部分の研磨とヘアライン入れを行います。

ポリッシュ作業のみのご依頼も承っております。

研磨について

風防等の外装部品も分解してから作業を行います。その際、劣化のため部品交換が必要となる場合は別途、最低限の部品代が必要となる場合がございます。

かなり大きく深いキズや打痕は完全に取り除くことができない場合がございます。

複雑に加工されたパーツやメッキ処理が施されている箇所は研磨を行いません。

ご不明場合はご依頼前にお問い合わせ下さいませ。

納期は3〜4週間

基本的に作業開始から「3〜4週間」でお渡しが可能です。

研磨作業も同時にご依頼の場合はもう少しお時間を頂くこともございますが、基本的には上記の納期とお考え下さいませ。

部品の取り寄せに時間がかかる場合は納期が伸びることもございます。(その際は事前にご連絡いたします)

オーバーホール後の保証期間について

お時計の修理後、基本的に「1年間」の保証期間が付帯します。(時計により異なります)

万一、自然故障による不具合が起きた場合でも無償で再修理いたしますので安心です。

もちろん保証期間が過ぎても修理を承っております。お気軽にお問い合わせ下さいませ。

修理実績ブランド一覧

上記の一覧にないブランドのお時計も修理を承っております。

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

オーバーホール価格表

モデル 価格 研磨
サブマリーナー ¥30,000〜 ¥20,000〜
エクスプローラー ¥30,000〜 ¥20,000〜
GMTマスター ¥33,000〜 ¥20,000〜
デイトナ ¥40,000〜 ¥20,000〜
シードウェラー ¥33,000〜 ¥20,000〜
ヨットマスター ¥33,000〜 ¥20,000〜
ミルガウス ¥30,000〜 ¥20,000〜
エアキング ¥30,000〜 ¥20,000〜
スカイドゥエラー ¥33,000〜 ¥20,000〜
デイデイト ¥33,000〜 ¥20,000〜
チェリーニ ¥30,000〜 ¥20,000〜
オイスターパーペチュアル ¥30,000〜 ¥20,000〜
デイトジャスト ¥30,000〜 ¥20,000〜
プレシジョン ¥28,000〜 ¥20,000〜

モデル 価格 研磨
スピードマスター 手巻き ¥35,000〜 ¥20,000〜
スピードマスター 自動巻き ¥35,000〜 ¥20,000〜
シーマスター ¥28,000〜 ¥20,000〜
コンステレーション ¥28,000〜 ¥20,000〜
その他 自動巻き ¥28,000〜 ¥20,000〜
その他 手巻き ¥28,000〜 ¥20,000〜
クォーツ ¥25,000〜 ¥20,000〜

CartierやIWCなどその他ブランドのオーバーホール料金は¥20,000〜 となっております。

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

修理お問い合わせフォーム

修理のお申し込み前に

 

修理・オーバーホール

ヴィンテージ時計から現行の時計まで、修理全般を承っております。

1日置いておくと時間が進む・遅くなるといった故障からオーバーホールまで、お気軽にご相談下さいませ。

当店がとても信頼をしている修理職人さんにお願いしていますので修理できる範囲から質、ともにご満足頂けるはずです。

特に多くの修理店で断られることが多いヴィンテージクロノグラフの修理も可能です。

修理期間について

オーバーホールは2針や3針の手巻き、自動巻き時計で1ヶ月程度、クロノグラフで1〜1.5ヶ月程度です。

磨き(ポリッシュ)作業をご一緒にご依頼の場合はもう少しお時間を見て頂けますと幸いです。

時計修理は分解・清掃・修理後の組み立て後のランニングテストにしっかり時間をかけて行います。

当店の基準に合格するよう調整をしながら仕上げますのでお時間がかかることをご理解下さいませ。

修理費用について

大体の目安として基本のOH料金は20,000円〜(クロノグラフは35000円〜)とお考え下さい。

パーツ交換が必要になる場合は追加の部品代がかかります。

修理費用の見積もりはお預かり後、1~2週間程度でご連絡いたします。

70年代より以前の時代に作られた時計は修理の組み立てや動作を見ながらパーツ交換が必要かどうか分かるものも多くあります

その場合は追加の部品代が必要になるとお考え下さいませ。

修理職人の仕事 Vol.1 “Airy’s” | Arbitro

アルビトロが探しに探して、信頼できる修理職人さんに辿り着いた中のお一人がAiry’sさん。 Airy’sさんはヴィンテージ時計で有名なケアーズやエバンスで長年修理をされていた一級時計技能士。 時計の修理はもちろん、研磨も長年されていたのでケースなどを磨く技術も一流です。(続きは写真をクリックで続きをご覧頂けます。)

 

修理職人の仕事 Vol.2 | Arbitro

オーバーホールなどをいつもお願いしている静岡の松野時計店さん。 アルビトロが探しに探して、信頼できる修理職人さんに辿り着いた松野時計店さん。

松野時計店さんはアルビトロが初めから大変お世話になっている修理職人さんです。 |  (続きは写真をクリックで続きをご覧頂けます。)

NEXT →

オーバーホールとは?

VIEW
Language »