スタイルに合った時計とは?

オフの日に合わせる時計って何にしようか迷いますよね。

そんな参考になればと思い、こんな記事を作ってみました。

これまでにアルビトロが撮影した写真を見ながら想像を膨らませてもらえればと思います。

ということで、アルビトロでいつも提案している3種類(ダイバー/クロノグラフ・オイスターケースなどの普段使いしやすいもの・ドレス)でご紹介。


まずはダイバー/クロノグラフの時計から。ラフなスタイルにもっとも合わせやすいジャンルの時計ですよね。

TUDOR Submariner 75090 Black 1990s

チュードル サブマリーナー のミドルサイズモデル Ref.75090。

ブラックのダイアルはどんな服装にも合わせやすいですね。このサイズ感でダイバーって意外とありません。

クリーム色に経年変化したトリチウム夜光がまた良いアジ出してます。

Brand: TUDOR
Model: Prince Oysterdate Submariner
Ref: 75090
Serial: B42xxxx
Year: 1992
Movement: Automatic Cal.2824-2 (ETA 2824-2)
Case: 36mm (Without Crown)
Material: Stainless Steel
Lug: 19mm

TUDOR Submariner 79090 Blue 1990s

やっぱりチュードルのサブマリーナーを買うならブルーをおすすめします。

ブルーのサブマリーナーはロレックス サブマリーナーのステンレスモデルには無いカラーなんです。

ロレックスのサブマリーナーで青色といえば金無垢コンビかホワイトゴールドのモデルしかありません。

ちなみにブラックはどんな感じかと言うと。。

ブラックはブラックで格好良いんです。どちらか選べって言われてもなかなか難しいのが問題です。

またRef.75090やRef.79090はロレックスのパーツ(オイスターケース・裏蓋・リューズ)を使っているのもポイント。

ロレックス サブマリーナーと比べてみると、チュードルのダイアルデザイン(インデックスが▲になっている)、ムーブメントはETAベース、ブレスに違いがあります。

Brand: TUDOR
Model: Prince Oysterdate Submariner Blue
Ref: 79090
Serial: B41xxxx
Year: 1992
Movement: Automatic Cal.2824-2 (ETA 2824-2)
Case: 39mm
Material: SS

ORIENT Calendar Auto Diver Ghost Bezel 1960s

Brand: ORIENT
Model: Calendar Auto Diver
Ref: 0-19762D
Serial: None
Year: 1964
Movement: Automatic Cal.670
Case: 40.5mm
Material: Stainless Steel

ダイバーの中でもかなり珍しい国産のオリエント カレンダーオート ダイバー。

国産のダイバーも知られていないだけで、良いものはたくさん存在してます。

OMEGA Seamaster 120 “Baby Ploprof” 166.0251

Brand: OMEGA
Model: Seamaster 120
Ref: 166.0251
Year: 1970s
Movement: Automatic Cal.1010
Case: 39mm
Material: Stainless Steel

1970年、COMEXというフランスの世界最大の潜水専門会社の要請によりオメガが開発した「シーマスタープロフェッショナル 600」の別名が「プロプロフ」。

そのプロプロフの特徴であるオレンジとホワイトのソードハンドが使われていることから、このシーマスター120はベビープロプロフという名が付きました。

特徴的なブロック状の専用ブレスレットがダイバー感があります。差し色にオレンジが入っているのもポイント。

秒針のデザインもかわいいですね。写真のようなスタイルにぴったり。


次にクロノグラフを見ていきましょう。

OMEGA De Ville Chronograph 146.017 Blue Dial 1960s

Brand: OMEGA
Model: De Ville
Ref: 146.017
Serial: 291xxxxx
Year: 1969
Movement: Manual Cal.930
Case: 35mm
Material: SS

クロノグラフの中でもサイズ感やデザインにドレス要素があるオメガ デヴィルのクロノグラフ。

35mmのケースサイズとネイビーダイアルとホワイトの針というデザインが落ち着いた印象。

このクロノグラフはオン/オフの両方に使えるという、ありそうであまり無い、そんな時計です。

HEUER Autavia 1163V “Viceroy”

Brand: HEUER
Model: Autavia
Ref: 1163V
Serial: 273xxx
Year: 1970s
Movement: Automatic Cal.11
Case: 41mm
Material: Stainless Steel

世界初自動巻きクロノグラフのCal.11が入っている、ホイヤー オータヴィア バイセロイ Ref.1163 V。

こういう男クサイ時計、良いですよね。こういう時計こそ、オフの日に着けて過ごしたいよ思いません?

BREITLING AOPA Chrono-Matic 2114 1970s

Brand: BREITLING
Model: Chrono-Matic
Ref: 2114
Serial: 123xxxx
Year: 1970s
Movement: Automatic Cal.12
Case: 38mm
Material: Stainless Steel

ブライトリング AOPA クロノマティック Ref.2114。

AOPAとはAircraft Owners and Pilots Associationの頭文字を取ったもの。

AOPA(Aircraft Owners and Pilots Association)という航空機のオーナーやそのパイロットのためのコミュニティっていうことですね。

オレンジの差し色がバランスよく入ったクロノグラフ。

服は上下シンプルな感じにして、時計をこのブライトリング AOPA クロノマティックにするっていう使い方がおすすめ。差し色を効果的に使いましょう。


次はオイスターケースなどの普段使いしやすいものを紹介。

ROLEX Oysterdate Precision 6694 Gilt Dial 1960s

Brand: ROLEX
Model: Oysterdate Precision
Ref: 6694
Serial: 122xxxx
Year:  1966
Movement: Manual Cal.1215
Case: 34mm (Without crown)
Material:  Stainless Steel

手巻きの普段使いできるロレックスと言えばプレシジョンですよね。

写真の時計はブラックミラーダイアルの珍しいタイプですが、オーソドックスなシルバー系のダイアルの方が良いか迷うところ。

ブラックなどの色付きと呼ばれるカラーの文字盤のタイプはシルバーやホワイト系に比べ、お値段は1.5倍ぐらいしちゃいます。

ROLEX Oyster Perpetual Datejust 16234 1990s

Brand: ROLEX
Model: Oyster Perpetual Datejust
Ref: 16234
Serial: X12xxx
Year: 1991
Movement: Automatic Cal.3135
Case: 36mm
Material: SS/WG

ロレックスを代表する自動巻き時計と言えば、デイトジャスト。

その特徴的な外観から誰が見てもひと目でわかる時計として広く知られています。

デイトジャストはコンビモデルを思い浮かべると思いますが、このシルバーxホワイトゴールドのモデルがめちゃめちゃ良いと思います。

ROLEX Oyster Perpetual Date 1501 “BIG LOGO” 1960s

Brand: ROLEX
Model: Oyster Perpetual Date
Ref: 1501
Year: 1960s
Movement: Automatic Cal.1560
Case: 34mm
Material: Stainless Steel

ロレックス オイスターパーペチュアルデイト REF.1501。エンジンターンドベゼル。

1501自体はヴィンテージの中でも良く知られたモデルですが「ROLEX」のロゴが大きい、いわゆる「ビッグロゴ」ダイアルは製造期間が非常に短いためレアなんです。

アイボリーカラーのダイアル表面の塗料は同年代のスポーツクロノグラフ、デイトナの「ル・マン」と呼ばれるダイアルと同じものを使用しています。

ROLEX Day Date 1803/8 YG 1960s

Brand: ROLEX
Model: Oyster Perpetual Day Date
Ref: 1803/8
Serial: 189xxxx
Year: 1968
Movement: Automatic Cal.1556
Case: 36mm
Material: 18K YG

予算に余裕があるなら断然おすすめなのが、ロレックス デイデイト。

何と言ってもデザインが◎。そしてオイスターケースなので日常使いに向いてます。

金無垢モデルはビカビカに光るというより、艶っぽく輝くという表現の方が当てはまると思います。

上の写真のようにラフに着けると嫌味っぽくなく、サラッと良い時計してますね感が出るんです。

この時計に合わせるならレザーベルトは質の良いものにしましょう。

写真のベルトは純正のレザーベルト。純正でなければオーダーで作るのもありですね。あ〜欲しい。

ロレックス以外に無いの?という人におすすめはIWCのヨットクラブ。

IWC Yacht Club 811AD

rand: IWC
Model: Yacht Club
Ref: 811AD
Serial: 1929275
Year: 1970
Movement: Automatic Cal.8541B
Case: 36mm
Material: SS

ジェラルド・ジェンタによるデザインの樽型ケースは防水機能とショックアブソーバーを備えており日常使いに適したモデル。

防水性を示す魚のマークが入ったリューズ(通称:お魚リューズ)もポイントです。

シンプルを極めた中でもこのヨットクラブはジェラルド・ジェンタデザインによって「艶」や「色気」が感じられますね。

ムーブメントも効率よくゼンマイを巻き上げ、ヴィンテージの中でも故障も少ないということでかなり信頼性の高いペラトン式。

お値段も手頃でデザイン・ムーブメント・ストーリーのどれも揃っている時計ですね。


最後にドレス系の時計を見ていきましょう。

ROLEX Cellini Silver Dial 18K YG 1970s

Brand: ROLEX
Model: Cellini
Ref: 3833
Serial: 367xxxx
Year: 1974
Movement: Manual Cal.1600
Case: 31mm (リューズ除く)
Material: 18K Yellow Gold

ロレックスの究極のドレスラインとも言えるチェリーニ。

デイデイトと同じくスレンレスモデルはなく金無垢モデルのみです。

現行品では自動巻きモデルになっていますが、ヴィンテージのチェリーニは手巻きモデルなので厚みが薄く、まさにドレス時計という感じ。

デザインも無駄なものを排除したシンプルなデザイン。

ROLEX Cellini 4135 18K WG 1990s

Brand: ROLEX
Model: Cellini
Ref: 4135
Serial: W07xxxx
Year: 1995
Movement: Manual Cal.1602
Case: 33mm
Material: 18K Yellow Gold

角に少し丸みのあるレクタングル(長方形)ケースという少し変わったデザイン。

ネイビーはどんな色とも合わせやすい、間違いのない色味。

国産のブランドにも良い時計はたくさんあります。その中でもやっぱりグランドセイコーは外せません。

GRAND SEIKO Hi-BEAT 4522-8000 1970s

Brand: SEIKO
Model: Grand Seiko Hi-BEAT
Ref: 4522-8000
Year: 1970
Movement: Manual Cal.4522
Case: 36mm (without crown)
Material: Stainless Steel

セイコーの最高級ラインであるグランドセイコー(GS)。

ハイビートの手巻きムーブメント Cal.4522の機械を搭載したこのグランドセイコーは45GSというシリーズ名で呼ばれています。

1968年に登場した45GSはグランドセイコーで初めての36,000振動(10振動)ムーブメントで、第二精工舎の最高傑作と言われている時計なんです。

日本だけではなく、世界中で評価が高いセイコーのヴィンテージ時計。

KING SEIKO 4402-8000 1960s

Brand: SEIKO
Model: KING SEIKO
Ref: 4402-8000
Serial: 852987
Year: 1968
Movement: Manual Cal.4402A
Case: 35mm
Material: SS

グランドセイコーに次ぐ高級ラインのキングセイコー。そのセカンドモデルで、44KSという名としても知られます。

これぞセイコーというデザインで、サイズ感も良く、目立ちすぎないのでどんな格好でも合わせられる時計ですよね。

キングセイコーを写真のような感じでサラッと着けている人を見かけたら、オッ!かなり分かってらっしゃいますね。と思ってしまいます。

キングとグランド。ヴィンテージのセイコーを買うなら1本ずつ、いっときましょう。

キングセイコーって質の割に過小評価されてますよね。もっと価格が上がっていってもおかしく無いと思うんです。

CITIZEN Chronomaster Date 1960s

Brand: CITIZEN
Model: Chronomaster Date 25J
Ref: HOD52901-Y
Serial: 8090290
Year: 1968
Movement: Manual Cal.1870
Case: 36mm
Material: Stainless Steel

シチズンの最高峰機械式時計がこのクロノマスター。

セイコーで例えると、グランドセイコーとキングセイコーの間ぐらいの位置付けですね。

当時のシチズンの時計はセイコーに全然負けないほどの時計を作っていたブランド。

高級ムーブメントを使っているシチズン クロノマスターは玄人好みなモデルですが、見た目もよく使いやすい良いモデルではないでしょうか。


以上、大きく分けると3種類の時計を見てきましたが、結局どれが良いのか余計混乱しました?

身も蓋もない言い方をすると、気に入ったものを買いましょう、ということです。

初めてヴィンテージ時計を使うっていう人は、ケースがしっかりした時計にした方が故障の確率も少なく、気兼ねなく普段使いできるので良いと思います。

ダイバーかオイスターケースのような防水性が高いものをチョイスして、その次にドレスにいくのが良いんじゃないでしょうか。

English »