Play Video

ZENITH El Primero 01.0210.415 1970s

¥488,000

 

 

ゼニスを代表するクロノグラフムーブメントであり、時計の名にもなっているエル・プリメロ。

70年代前半に生産されたこの時計は渋いダイアルデザインと36.5mmという小ぶりなトノー型ケースが特徴的。

一見すると地味ですが、分かる人には分かる、そんな1本です。

表示価格は税込み

Brand: ZENITH
Model: El Primero
Ref: 01.0210.415
Year: 1970s (1973-75)
Movement: Automatic Cal.3019PHC
Case: 36.5mm
Material: SS
Lug Width: 19mm
Includes: Leather Strap(CASIS)

【Description】

1865年創業のゼニスはムーブメントを自社で生産するマニュファクチュールの1つ。

1969年に発表され、世界初の自動巻きクロノグラフの1つである「エル・プリメロ」はムーブメントの名前がそのまま製品名となっています。

エル・プリメロはエスペラント語で「第一の」を意味するEl Primeroを意味します。(英語では The First)

同時期に発表されたセイコーは価格の低さ、ホイヤーのムーブメントは生産性を意識したものでしたがエル・プリメロは10分の1秒まで計測できる精緻さと50時間というパワーリザーブを兼ね備えた高級機でした。

オリジナルの復刻、ルパン三世の次元モデルが発売され話題になったA384というモデルは第1世代(1969-71)に当たります。

このモデルは第3世代のエル・プリメロで1973年から75年に4000個のみ生産されました。

それまではダイアルに”Chronograph Automatic”と入っていましたが、この第3世代からは”Automatic”のみとなっています。

オメガのCラインケースのようなトノー型のケース、36.5mmというヴィンテージならではのサイズが特徴的です。

「クロノグラフは厚くて大きい」というイメージを良い意味で裏切ってくれるデザインが良いですね。

復刻されたファーストモデル(A384)のような派手な配色では無く、地味なダイアルですが分かる人には分かる、そんな時計です。

(こちらでエル・プリメロとクロノグラフについての歴史をご紹介しています)

【Warranty】

2020年12月に松野時計店さんにてオーバーホール済み。1年保証となります。

ポリッシュはしていません。

(オーバホール内容)
分解、点検、部品洗浄・交換、組み立て、注油、精度調整、最終検査

オーバーホールの作業内容についてはこちらをご覧下さい。


【Description】

The 3rd series El Primero Chronograph from 1970s.

This 01.0210.415 had been produced from 1973 to 1975, only 4000 pieces.

Very small case(36.5mm) will be the best chronograph watch for thinner wrist.

All parts are original and non polished condition.

【Warranty】

Completely serviced by our watchmaker in Dec 2020.

It comes with 1-year warranty.

在庫あり

 

 

 

 
Share
商品コード: ZENITH006 カテゴリー: , , , タグ: , , , , , ,