ROLEX Oyster Perpetual Datejust 1625 “Thunderbird”

¥585,000

 

 

計測目盛り付きの両方向回転式ベゼルを持つ特別仕様のデイトジャスト、通称「サンダーバード」です。

バーインデックス、バーハンドのシンプルな組み合わせながら、スポーティさも感じるデザインになっています。1971年製。

表示価格は税込み

Brand: ROLEX
Model: Oyster Perpetual Datejust “Thunderbird”
Ref: 1625
Serial: 270xxxx
Year: 1971
Movement: Automatic Cal.1570
Case: 36mm
Material: SS/WG
Lug Width: 19mm
Includes: Jubilee bracelet 6251H/455B End Links
Bracelet Length: 19 Links (~18cm)

【Description】

ロレックスを代表する自動巻き時計のデイトジャスト。その特徴的な外観から誰が見てもひと目でわかる時計として広く知られています。

日付が0時に瞬時に変わる「デイトジャスト機構」は「オイスターケース」と自動巻きの「パーペチュアル機構」とともにロレックスの3大発明とされ、このデイトジャストはそれらを全て備えた集大成とも言えるモデルです。

計測用の数字が配され、両方向回転式のベゼルを持つこのデイトジャストは、正式にはターノグラフ(Turn-O-Graph)という名でした。

Ref.1625は1959年頃から77年まで生産された第2世代のターノグラフで、この時計はステンレスケースに18Kホワイトゴールドのベゼルの組み合わせです。

「サンダーバード」という名称は、1953年に設立されたアメリカ空軍のアクロバットチームの愛称、「サンダーバーズ(Thunderbirds)」に由来しています。

サンダーバーズの一員がこのターノグラフを使い、それがチーム内に波及したことで軍は正式にロレックスへ供給を依頼します。

その関係性を使い、ロレックスは18Kゴールドケースのターノグラフにサンダーバーズのロゴを入れた特別モデルをアメリカ市場向けに販売します。

その時計を「サンダーバード」として宣伝し始めたことで、広くこの名が知れ渡るようになりました。

Ref.1625の前期モデルはドーフィンハンド、クサビインデックスなどのバリエーションがありましたが、後期からはバトンハンド、バーインデックスというデザインに統一されています。

搭載ムーブメントは自動巻きのCal.1570。ハック機能無しのタイプです。

ロレックス社製ムーブメントの中でも、精度と耐久性のバランスが取れた傑作ムーブメントで、現行ムーブメントの原型になっています。

ブレスレットはジュビリーブレスレット 6251Hが付属します。巻き込み式のブレスレット非常に軽いのが特徴です。

さすがに少し垂れはあるものの、使っていて気になるようなことは無いのでご安心下さい。

ブレスレットは19コマですので、腕周り約18cmまでは装着可能です。
(来店出来ない方や良く分からない方はご購入後、腕に付けた状態の写真を送って頂ければ、その状態を見てコマ調整をさせて頂きます。)

【Warranty】

※こちらの時計はご注文後、オーバーホールをした後のお渡しとなります。ご注文から約4週間後のお渡しになります。

オーバーホール後、1年保証となります。

(オーバホール内容)
分解、点検、部品洗浄・交換、組み立て、注油、精度調整、最終検査


【Description】

The Datejust is one of the most popular self-winding Rolex watches.

It is widely known as a watch that anyone can recognize at a glance from its distinctive appearance.

The Datejust mechanism, in which the date changes instantly at zero o’clock, is considered one of Rolex’s three greatest inventions, together with the Oyster case and the self-winding Perpetual mechanism, and the Datejust model is the culmination of all of them.

This Datejust, with its measuring numerals and bi-directional rotating bezel, was officially known as the Turn-O-Graph.

The Ref. 1625 is the second generation of the Turn-O-Graph, produced from about 1959 to 1977, with a stainless steel case and an 18K white gold bezel.

The name “Thunderbird” comes from the nickname of the U.S. Air Force’s acrobatic team, the Thunderbirds, which was founded in 1953.

When a member of the Thunderbirds used this chronograph and it spread throughout the team, the military officially asked Rolex to supply it.

Using this relationship, Rolex launched a special model for the American market, an 18K gold-cased chronograph with the Thunderbirds’ logo.

They then began to advertise the watch as the “Thunderbird”, hence the name.

The earlier models of Ref.1625 had variations such as dauphine hands and wedge markers, but since the later models, the design has been unified to baton hands and bar markers.

The movement is Cal.1570, an automatic movement.

It is a masterpiece among Rolex movements, with a good balance of accuracy and durability, and is the prototype of the current movement.

The bracelet comes with Jubilee bracelet 6251H. It is a retractable bracelet that is very light.

The bracelet has 19 links, so it can be worn up to about 18cm around the wrist.

【Warranty】

The watch would be completely serviced by our watchmaker after your order.
It takes about 4 weeks to complete. After that, it comes with 1-year warranty.


→ about Global Shipping

在庫あり

 

 

 

 
Share
商品コード: ROLEX120 カテゴリー: , , タグ: , , , , , ,