KING SEIKO Hi-Beat 5626-7010 CAP GOLD 1970s

¥120,000

 

 

56KSの名で知られる、Cal.5600系のムーブメントを搭載したキングセイコーです。1973年製。

「セイコースタイル」と定義された、平面を主体とした多面的なデザインが採用されています。

Brand: SEIKO
Model: KING SEIKO
Ref: 5626-7111
Serial: 342972
Year: 1973
Movement: Automatic Cal.5626A
Case: 36mm
Material: Stainless Steel
Strap: 18mm
Includes: SEIKO Genuine Bracelet (XAB123)

【Description】

56KSと呼ばれる、自動巻きのCal.5600系のムーブメントを搭載したキングセイコーです。

「KS HI-BEAT」の下にあるマークは長野の諏訪精工舎製(現セイコーエプソン)ということを表しています。

56KSはケースやダイアルの種類が非常に多く、様々なバリエーションの組み合わせが見られます。

こちらの時計は裏蓋とケースが一体となったワンピースタイプのケースで、裏面にはKSのメダリオンが埋め込まれています。

CAP GOLD(キャップゴールド)は一般的なメッキとは異なり、260ミクロンという極厚の金張りを施したケースで、グランドセイコーにも同様のケースが存在します。

一般的なメッキが20ミクロンですので、かなりの金素材が使われていることが分かります。簡単には剥がれず、非常に金無垢に近い外観となっています。

文字盤はサンバースト仕上げのシルバーダイアル、ドーフィンハンド、アプライドのバーインデックスとセイコーらしいベーシックな組み合わせ。

ですが、インデックスだけでなく針のセンターにブラックのラインが入っているのはセイコー以外ではあまり見ることが無い印象です。

ムーブメントはハック機能と日付のクイックチェンジ機能を備えたCal.5626Aを搭載。実用性も高いヴィンテージです。

56系と呼ばれるCal.56xxのムーブメントは曜日・日付送りの部品が弱く、故障しやすいという特性があります。

オーバーホールに伴い、この部分を強化パーツへと交換しておりますのでそのリスクはかなり下がっています。
(とは言え、壊れない訳では無いので、針を送って日付が変わった後の6時ぐらいで早送りをするようにするのがオススメです)

風防の7時位置の端に若干の欠けはあるものの、全体的に非常にコンディションの良い1本です。

【Warranty】

2021年1月にオーバホール済み。6ヶ月保証となります。

オーバーホール時にパッキン、カレンダー部品交換済み。

(オーバホール内容)
分解、点検、部品洗浄・交換、組み立て、注油、精度調整、最終検査


【Description】

KING SEIKO with 56xx series is called 56KS and their movement works in 8 beats per second.

These calibers are robust and replacement parts are readily available should you need them.

The 56KS has quite a few variants, including, but not limited to, a no date, date only, date/day, and several chronometer options.

This watch is a traditional “SEIKO style” watch with the case and black-lined dauphine hands and bar indexes.

【Warranty】

Fully serviced by my watchmaker in Jan 2021.

Calendar parts and gaskets were replaced with reinforced ones.

Comes with 6 months warranty.

在庫あり

 

 

 

 
Share
商品コード: SEIKO241 カテゴリー: , , タグ: , , , , , ,