IWC Ingenieur SL QZ Grey Dial 1980s

¥335,000

 

 

ドイツ語で「エンジニア」を意味するインヂュニア(Ingenieur)、IWCを代表するコレクションの一つです。

スポーツラグジュアリーなデザインながら、34mmというケースサイズが絶妙ですね。

1980年代に存在した、Ingenieur SLのクォーツモデル。方眼紙のようなデザインのグレーダイアルが特徴的な1本。

表示価格は税込み

Brand: IWC
Model: Ingenieur SL
Ref: IW3305
Serial: 233xxxx
Year: 1980s
Movement: Quartz Cal.2250
Case: 34mm
Material: SS
Includes: Stainless Bracelet
Bracelet Length: ~ 18cm

【Description】

1955年に誕生した「インヂュニア」はパイロットウォッチ マークXI(11)を民生用へと改良したものでした。

自動巻きムーブメントを搭載し、軟鉄製のインナーケースを備えたことで非常に高い耐磁性と耐衝撃、防水性が大きな特徴です。

この時計は1981年に登場したインヂュニアSLの2代目にあたるモデルで、ラグジュアリースポーツウォッチと言えるデザインが特徴的です。

その理由はこの時計がジェラルド・ジェンタによってデザインされたものだからです。

ジェラルド・ジェンタはパテック フィリップのノーチラスやオーデマ・ピゲのロイヤルオーク、同じIWCのヨットクラブをデザインしたデザイナーでその後の時計デザインに非常に大きな影響を与えました。

現在、ヴィンテージのノーチラスやロイヤルオークは非常に高価で簡単には手が出ない代物となっていますが、このインヂュニアはまだそれほど注目されていないと感じます。

前モデルの初代インヂュニアSLは所謂「デカ厚」の時計であまり売れ行きが良くなかったため、ムーブメントを変更し厚さ8.8mmという非常に薄い時計へとアップデートされたのが本モデルです。

このRef.3305は1981年から1989年まで製造された時計で、ケースサイズが40mmの「ジャンボ」と呼ばれるモデルも存在します。

リューズガードのないシンプルなデザインながら、ケース、ラグ、ブレスレットのラインが流れるようで非常に洗練された印象を受けます。

格子模様の入ったグレーダイアルとゴールドのインデックス、ペンシルハンドは非常に珍しいデザインですね。

34mmというケースサイズはやや小振りですが、腕に付けた時にはもう少し大きく見えるかなと思います。

こういったラグジュアリースポーツと言える時計でこのサイズ感のものは非常に少ないので、そういう意味では貴重なモデルだと思います。

ムーブメントはETAの機械をベースとしIWCがチューニングを施したCal.2250。地板がゴールドの仕上げとなっています。

軟鉄製のインナーケースで守られているため磁気帯びの心配は無く、また日常使いでの衝撃も気にすること無くお使い頂けるかと思います。

【Warranty】

ケース、ブレスレットは新品仕上げ済み。

2020年10月に電池交換済み。1年保証となります。


【Description】

Launched in 1955, the Ingenieur was a civilian version of the Mark XI (11) pilot’s watch.

Equipped with a self-winding movement and a soft-iron inner case, the Ingenieur was extremely anti-magnetic, shockproof and water-resistant.

The Ingenieur SL was the second generation of the Ingenieur SL, which was introduced in 1981 and was designed to be a luxury sports watch.

The reason for this is that the watch was designed by Gerald Genta.

Gerald Genta designed the Nautilus for Patek Philippe, the Royal Oak for Audemars Piguet and the Yacht Club for the same company, and was very influential in subsequent watch design.

Today, vintage Nautilus and Royal Oak watches are very expensive and hard to come by, but the Ingenieur is still very much underappreciated.

The previous model, the original Ingenieur SL, was a so-called “big” watch that did not sell well, so this model was updated to a very thin 8.8 mm timepiece with a different movement.

This Ref.3305 was produced from 1981 to 1989, and there is also a model called “Jumbo” with a case size of 40 mm.

Despite its simple design without a crown guard, the lines of the case, lugs, and bracelet seem to flow and look very sophisticated.

The gray dial with a plaid pattern, gold indexes and pencil hands are very unusual.

At 34mm, the case size is a bit small, but I think it looks a bit bigger on the wrist.

There are very few luxury sports watches of this size, so in that sense, I think this is a valuable model.

The movement is Cal.2250 tuned by IWC based on ETA’s mechanism, and the baseplate is finished in gold.

Because it is protected by a soft-iron inner case, there is no worry about magnetic strikes, and you can use it without worrying about shocks in daily use.

 

【Warranty】

The case and bracelet are polished.

The battery was replaced in Oct 2020.

It comes with 1-year warranty.

在庫あり

 

 

 

 
Share
商品コード: IWC017 カテゴリー: , , タグ: , , , , ,