GRAND SEIKO Hi-BEAT 36000 6145-8000 1960s

¥165,000

 

 

グランドセイコーとしては5代目となる、国産初の10振動自動巻きムーブメント Cal.6100系を搭載した61GS。

10振動とは機械式時計の心臓とも言える「てんぷ」が1秒間に10回振動することで、1時間では36,000振動することからハイビート 36000という呼称が付いています。

表示価格は税込み

Brand: SEIKO
Model: GRAND SEIKO Hi-BEAT 36000
Ref: 6145-8000
Serial: 88xxxx
Year: 1968
Movement: Automatic Cal.6145A
Case: 36mm
Material: SS
Lug Width: 18mm
Water Resistance: None
Includes: Leather Strap

一般的な時計は21,600振動/時もしくは28,800振動/時のムーブメントのため、非常に多い振動数で、安定した精度を得ることが可能になりました。

もちろん振動数を多くするとその分、部品の摩耗が多くなり故障のリスクも高まります。

当時のセイコーの技術を結集し、実用に耐えうる耐久性を兼ね備えた時計として1968年半ばに発売されました。

国産初の自動巻きハイビートの時計として、手巻きのハイビートである45GSと並んでセイコーの歴史に残る時計の一つです。

現行のGSにも採用されているメカニカルハイビート 36000の基礎となったモデルとも言えます。

こちらの時計は最もスタンダードなシルバーダイアルです。

多面カットのインデックスなど、デザイン原則である「セイコースタイル」に基づいたシンプルで美しい見た目に仕上がっています。

36mmというケースサイズは日本人の細めの腕には丁度良い具合の大きさです。

デザインの面でもスイス製に劣ることのないクォリティになったこの時代の時計は、50年前の時計という古めかしさは全くありません。

スーツスタイルだけで無く、カジュアルなファッションにもすんなりと溶け込む時計です。

【Warranty】

2020年2月にオーバーホール済み。1年保証となります。

オーバーホール時に新品仕上げ、風防交換済み。

(オーバホール内容)
分解、点検、部品洗浄・交換、組み立て、注油、精度調整、最終検査

※こちらの時計を店頭でご確認頂けます。

ご予約優先となっておりますので下記のフォームからお申し込み下さいませ。(ご覧になりたい商品名と価格の記載をお願いいたします。)


【Description】

The 61GS family featured higher alterations and were called “Automatic Hi-Beat.”

These watches came out in the late 1960s and had the Seiko 6100 movement at 21,000 bph.

There were 36,000 watches produced for two models(6145-xxxx/6146-xxxx), in line with the 36,000 bph engineering in the movement.

This watch has a very standard dial design with a silver dial.

【Warranty】

Completely serviced by our watchmaker in February 2020.

The plexiglass crystal is replaced with brand new in the last service.

The case was polished. It comes with 1-year warranty.

在庫あり

 

 

 

 
Share
商品コード: SEIKO200 商品カテゴリー: , , , 商品タグ: , , , , , , ,