ROLEX Oyster Perpetual Datejust SS/WG Ref. 16234 が入荷しました。

ロレックス デイトジャスト Ref.16234 SS/WG が入荷しました。

この時計は1991年の製造です。

ロレックス デイトジャスト Ref.16234は1988年頃に登場し2005年まで生産された、現行デイトジャストのRef.116234の一つ前の世代に当たるモデル。

こちらの時計は『ヒラノウォッチリペアサービス』さんできっちりオーバーホールをしてもらいました。

オーバーホールの際にゼンマイ交換も行ってます。

ジュビリーブレスも伸びは無く、ケースやダイアルもかなりキレイです。

・62510H
・FF/555B

ブレスは62510H、フラッシュフィットは555Bです。

Cal.3135という自動巻きのムーブメントが使われているんですが、現行モデルに入っているものとほぼ同じで、時計の修理職人さんにロレックスムーブの中で最高のモノと言わしめるのが、このCal.3135。

1989年〜現在まで製造されている、今考えうる中ではダントツのムーブメント。

もちろん日付の早送り機能もあるので日常使いに最適です。

パワーリザーブは48時間もあるので少し着けない時(週末は違う時計をしたとして)でも時刻合わせをする必要がないのが大きなメリット。

ちなみにパワーリザーブとは、ゼンマイが完全に巻き上がった状態から止まるまでの時間のこと。

36mmのケースはちょうど良い収まりなサイズ感。

オイスターケースなので気密性が高く水気やホコリが入りにくいので、結果、壊れにくく長持ちするんです。

またシルバーのダイアル・ホワイトゴールドのベゼルなので、スーツを着る仕事の方でも問題なく着けられます。

若い人には似合いませんが、35歳overの人なら完全にしっくりきます。

シンプルながら高級感がある時計。

そんな言葉がぴったり当てはまりますね。

https://arbitro.shop/shop/vintagelwatches/rolex-oyster-perpetual-datejust-16234-1990s/
商品ページへ
Language »