ROLEX Oyster Perpetual Datejust 16233

ROLEX Oyster Perpetual Datejust 16233  (ロレックス オイスター パーペチュアル デイトジャスト 16233)が新入荷しました。

ロレックスの自動巻きと言えばデイトジャスト。ベゼルとブレスの一部がゴールドのコンビモデル。
88年製の旧型モデルで現行モデルとは異なるケースデザインが特徴の一つとなっています。

2018年7月に日本ロレックスにてオーバーホール済み。

16233にはいくつかのダイアルデザインがありますが、こちらはシャンパンゴールドのダイアルに
バーインデックスという極めてシンプルでクラシカルなデザイン。

ケースはロレックスにて交換しており、横穴が無いものとなっています。交換ケースのため、シリアルは4から始まっています。

今回、日ロレのオーバーホールでリューズも新品に交換済み。

かなり繊細に写すとやっと分かる程度。肉眼ではほぼ分かりません。

元箱、内箱、冊子、購入当時のギャランティが付属します。ロレックスでシンプルな自動巻きと言えばデイトジャスト。

シルバーとゴールドのコンビは大人の男性が着けるとシブいかなと思います。

このROLEX Oyster Perpetual Datejust 16233 (オイスター パーペチュアル デイトジャスト16233)のムーブメントはCal.3135。

Cal.3135はデイトのクイックチェンジ機能が付いているので日付合わせも手間なく行えますね。

同じムーブメントの時計ではROLEX SUBMARINER サブマリーナ Ref.16610, SEA-DWELLER シードウェラー Ref.16600,116660 などなど数多くのモデルに使われています。