ROLEX Cellini 3803 White Dial 18KYG 1970s

ロレックスの最大の特徴でもあるオイスターケースを使用せず、エレガントさにこだわったドレスライン、それがチェリーニ。

デイトジャストなどのオイスターケースのドレスラインやスポーツモデルと比べると知名度は低いですが、その歴史は古く、1928年に誕生したモデルです。 

「チェリーニ」という名前は16世紀のイタリアルネッサンスの彫刻師であるベンベヌト・チェリーニという人物に由来します。

ロレックスのコレクションの中で特定の人物の名前が付いているのはこのチェリーニだけというのも、このチェリーニが独特の立ち位置であることを意味しているんです。

ケースの素材はゴールドもしくはプラチナでしか生産されないチェリーニですが、ケースやダイアル・針の組み合わせは数え切れないほどのバリエーションが存在します。

この時計は楕円形のような曲線的な縦型18K YGケースにホワイトダイアル、ブラックのプリントというスッキリとしたデザイン。

バーインデックスのシンプルさも良いですが、こ洒落た感じはこちらの方があるかも。

ホワイトダイアルは角度によって真っ白に見えたり少しくすんで見えたりと表情が変わります。

サイズとしてはレディースサイズ。上の写真はカルティエ マストタンク SMサイズと並べて撮影しました。

数字だけ見るとカルティエのマストタンク LMと同じようなサイズに見えますが、横幅の23mmは一番太い部分ですので、全体的にはマストタンク SMとサイズ感は同じと思って頂ければ◎

ハンドステッチを施した、独特の色合いのレザーベルトを合わせて。(こちらでご紹介したように、黒のストラップに付け替えても良いと思います)

裏面にはエルメスのバーキンにも使用される、ZERMATT(ツェルマット)という素材のため非常に柔らかく、装着感も良いです。尾錠は純正ではありませんが、GPのものが付いています。

Language »