Leica M-P Typ240 Safari

Limited Editionのライカ サファリ M-P Typ240。もともとは、レンズセットで発売されていたオリーブカラーのSafari。ミリタリーな雰囲気が良いですね。

こんなセットいかがでしょう? 時計はROLEX Oysterdate Precision 6694 Blue Dial (売り切れ)。

ジェントルマンな趣味のひとつにライカで写真を撮るっていう、大人な楽しみをご提案いたします。

デジタルなのでメモリーカードを差して使います。この液晶ですぐに確認できるのがデジタルの良いところ。

ブログやインスタなどにもすぐに上げられますよ〜。

ライカは時計と同じように手作業で作られている部分が多いんです。またドイツ国内での生産にこだわってます。

裏蓋は左のレバーを回すとパカっと外れます。これを外すとバッテリーとメモリーカードを入れられるんです。

基本的にはピントを合わせてこのシャッターボタンを押すだけ。とりあえずオートモードで撮っとけば問題なしです。

撮影に持っていったレンズは上の写真に写っている、Summilux 35mm f1.4 2nd。ズミルックスレンズの中でもこの2ndは好き嫌いがハッキリ分かれるレンズなんです。

六本木ヒルズにあるROLEXを中心に撮影しました。

 

建物がめちゃめちゃ格好良い。ファサードが高級感満点です。石造りの建物は重厚感と高級感がすごいです。

 

シロクマを発見。

 

建物の横に回ってみると壁にあの王冠マークを発見。なかなか凝ってますね〜。

このポヤっとした写り、カメラが壊れてるわけじゃありません。こういうフィルムっぽい、滲んだ感じに取れるのがズミルックス 35mm 2ndの特徴。

 

 

あの王冠がこんな感じのデザインに。

 

 

ここにもロレックスの広告が。デイトジャストがバーンと。

 

 

六本木ヒルズの中のエスカレーターに載っていると発見しました。思わずパチリ。

 

キートン。

 

これも雰囲気が出てます。ズミルックス2nd。

 

 

少し絞ればこんなキリッとした写真も撮れちゃいます。これがズミルックス 35mm 2ndの良いところ。

 

 

入り口からパチリ。サルバトーレ・フェラガモの店内。

 

 

 

アルマーニ・カーサ。オシャレなフロアランプ。こんなデカイの置いてみたい。

今までカメラとかまったく興味無かったわ〜という方もライカを実際に見て、触ってみるとちょっと考えが変わるはず。

モノとしてライカは格好良いんです。LEICAをもっと知りたいという方はお気軽にご相談下さいませ〜。

Select Language »