HISTORY

アルビトロを始めるまで。

2013.11 Leicaを中心としたヴィンテージカメラを扱う Doppietta-Tokyoをスタート。

Doppietta-Tokyoはドッピエッタトーキョーと読みます。Doppietta(ドッピエッタ)はイタリア語で「2倍」の意味のdoppio(ドッピオ)に由来し「2得点」という意味のサッカー用語です。

また兄弟2人でDoppietta-Tokyo(ドッピエッタトーキョー)を立ち上げる時に「2」に関係のある言葉で何かないか良い言葉はないかと考えていたところいつも見ている海外サッカーの中継にこの”Doppietta”(ドッピエッタ)というバッチリなワードがあることを思い出し、名づけたという面もあります。

Doppietta-Tokyo(ドッピエッタトーキョー)には「いつもの生活を2倍楽しく、格好良いものにしたい」という願いを込めています。このコンセプトに基いて商品を売るだけではなく、高価でも本当に価値あるもの、商品にしっかりとした想いが詰まっているもの、そんなモノを買ってもらいたい。

ずっと使えるお気に入りが見つかる。そんな商品をいつも置いているお店でありたいと思っています。

2015.4 世田谷区下北沢にあったレインボー倉庫にて初の実店舗をオープン。(※レインボー倉庫下北沢はクローズしました)

初めての実店舗(実店舗と呼ぶにはあまりにも狭いですが。。)を下北沢でオープン。

なんと1坪(3.3㎡)という極小スペース。とりあえず実際に商品を見ることができる場所が欲しかったので贅沢は言えません。

いま思い返せば、ここからリアルな店舗というのがスタートしたんですね〜。

2015.10 店舗移転のため下北沢の店舗を一旦クローズ。

とりあえず見られるスペースをということでオープンしましたが、徐々に商品点数も増えてきたのでもう少し広いスペースが欲しいな〜と思っていたところ、レインボー倉庫・池尻大橋にちょうど良いサイズと賃料のところが空いた為そちらに移転することを決断。

この時に内装をどうする?という話になりましたがレインボー倉庫を運営されているT-Plasterの社長さんに相談すると格安で什器を作ってもらえることに。

内装費用を少しでも浮かせるため壁を自分たちで塗ったのは良い思い出です。

レインボー倉庫の雰囲気に合ったヴィンテージ感漂う仕上がりになりました。

2015.12 目黒区池尻大橋にあるレインボー倉庫にて店舗をオープン。
2016.9 店舗移転のため池尻大橋の店舗を一旦クローズ。

池尻大橋の店舗をオープンさせてから1年も経っていないのですが、やっぱり自分たちだけの「店」が欲しいな〜と思い始めます。せっかく内装もやってもらったのに。。

レインボー倉庫池尻大橋は元々マンションの半地下部分の駐車場を仕切ってスペースを貸し出す、シェアオフィスのクリエイター向けバージョン。

法律の関係で壁になる部分は上から下まで完璧に仕切ることはできず、マンガ喫茶のように上の部分が空いているんです。

そのため、どうしても独立店舗としてではなく、数ある中のひとつっていう区切りになってしまうんですね。

品揃えも高級品にシフトしつつあったので、やっぱりそろそろ本当の意味での店舗が欲しい!となってきました。

近くに初期費用が安くて洒落ていて良い物件が無いかな〜?と毎日賃貸物件の情報を漁っていたところ、ついに発見しました!

なんと代々木上原という小洒落たエリアで、しかも駅から徒歩1分。なんとリノベーション済みでビルの1階には有名なフレンチレストランや割烹のお店、またオシャレなメガネ屋さんまである(これが今もお世話になっているigcさんです)ところ。

広さも10坪ぐらいと申し分無い。今の自分たちには広すぎるぐらいと言ってよい物件です。

速攻で不動産さんに電話して内見の予約をしました。

ワクワクしながら見に行ったら。。

キレイにリノベーションされた状態でした。まだこの時はカーペットが敷かれているので、ちょっと小洒落たオフィスって感じですね。

ライティングレールがあったのと、天井がぶち抜かれていて開放感があるのが良いなひと目みて思いました。

また5階からの眺めが最高です。(普段はあまり見ないですけど)

第一印象はめちゃめちゃ良いやん、でした。5階まで階段しかないけど、逆にそれだけ。

これまでよりアップする家賃は払えるのか?内装工事や什器、敷金などの初期費用がかなり必要になるけど本当にやっていけるのか?などなど、考え出すと不安な点は次から次へと出てきましたが2人で話に話し合い、お店としての世界観や落ち着いて商品をみてもらう場所として必要ということに行き着き、この場所で実店舗をオープンさせることを決めました。

2016.12 渋谷区代々木上原にて店舗をオープン。

10月頃に物件の契約をしたのですが、とにかく早くオープンさせないと費用ばかりが嵩んでいってしまうのを何とかして避けたい!、ということでめちゃくちゃですが前回も内装工事でお世話になったT-Plasterの社長さんに連絡。

来月に工事をしてもらいたいんですけど。。と無茶な相談を持ちかけました。始めはそんなん絶対厳しい(当たり前ですが。。)ということでしたが、そこを何とかお願いできませんか?とお願いをしまくって無理やり年内に工事をねじ込んで頂きました。(その節は大変お世話になりました。)

年末にかかるために職人さんのスケジュールも厳しい状態。通常は半年ぐらいかけてデザインから施工までするところを1ヶ月ちょっとで仕上げてもらいました。

写真の職人さんは池尻大橋、代々木上原の店舗とめちゃめちゃお世話になっております。

あとは古材をカット・調整してきれいに床に貼り付けてもらった職人さんなど、内装工事って職人さんあっての事というのを改めて実感しました。

初めは何もなかった空間に、どんどんイメージしていたものが埋まっていくっていうのは自分たちの店舗ならでは。

工事の合間を縫って、お店の什器を探して発注をするのがなかなか大変でしたね。什器以外にもランプやテーブル、冷蔵庫などなどお店としてオープンさせるにはかなりのお金と手間がかかる、っていうことを経験できたのは大きかったと想います。

 

2017.11 ヴィンテージウォッチを中心としたセレクトショップ Arbitro (アルビトロ)をオープン。

コンセプトの「いつもの生活を2倍楽しく、格好良いものにしたい」ということを考えた時に、カメラの次にできるものは何かな?となると、時計に行き着きました。

理由は精密機械という共通点があること、カメラより毎日使うものであること。またファッションに関連したものなのでライフスタイル全般としての提案をしやすいことから時計を扱うお店を始めることにしたのがアルビトロの始まりです。

しっかりと整備をして良いものを長く使ってもらう。その想いはDoppietta-Tokyoを始めた時から同じです。

正直な商売する、これはお客様の信頼を少しずつ積み重ねていくことに繋がると思っています。

その分お店としての儲けは少なくなるかもしれませんが、息の長い商売をしたい、そのためには常に自分が買う側の立場だったらどうかな?ということを考えて日々営業をしています。

 

2013年にスタートしたDoppietta-Tokyoでは少しずつ認知され、また徐々にライカ中心の品揃えにしていったことで、2019年にはPENのライカ特集の号で紹介して頂けたりTime Out Tokyoで紹介して頂いたりするようになりました。

アルビトロでは、ありがたいことに担当者さんの目に止まりクラッチマガジンで紹介して頂けるなど、少しずつですが着実にターゲットとしている人たちにささっているなと感じています。

好きな人にはささる、そんなお店で良いと思うんです。

まだまだですが、何か面白いことやってる店っていう印象を持ってもらえるようにしていきたいと思ってます。

Language »