HEUER Autavia 1163 “Viceroy”

世界初の自動巻きクロノグラフ「Cal.11」を搭載したホイヤー オータヴィア 1163 ヴァイセロイ。

Heuer Autavia 1163のシリーズは “1163 T” “1163 MH” “1163 V” と色々なモデルが存在します。

1163 Tは クロノグラフ針などが青いのが特徴。

1163 MH (ミニッツアワー) はベゼルが M(ミニッツ) H(アワー)の通り、分刻みになっていて「5・10・15・20 〜 50・55」という表示になっています。

そして、この1163 V はベゼルはタキメーターベゼルで針が赤いバージョンと白いバージョンが存在しています。

ちなみにホイヤーの参考文献としてこちらの「HEUER CHRONOGRAPHS」(そのまんまですね)を輸入してパラパラとチェックしております。

ホイヤーはこの本にだいたい載っているのでホイヤーマニアの方は是非どうぞ。見ているだけでけっこう楽しいんです。

次に海外の有名な販売サイトのひとつ「WORN&WOUND」で販売されていたホイヤー 1163 V を見ていきましょう。

https://wornandwound.com/gallery-heuer-autavia-1163v-viceroy/
https://wornandwound.com/gallery-heuer-autavia-1163v-viceroy/

細かいところを見比べてみても一緒ですね。ダイアルの白い文字、インデックス、短針・長針・クロノ針、ベゼル、プッシュボタンなど。

https://wornandwound.com/gallery-heuer-autavia-1163v-viceroy/

アルビトロのオータヴィアも同じ「HEUER」の刻印が入ったリューズ。

Cal.11のムーブメント写真。下に今回のオータヴィアのムーブメント写真を載せてます。

左がドイツ語、右が英語でオータヴィア1163 Vについての説明。スクリューバックケースで〜、などなど細かい仕様が書いてるんです。

オータヴィアは針など細かい点が少しずつ違います。

HEUER CHRONOGRAPHS には写真付きで他のモデルを探すときにも便利。

ホイヤーと言えばレーサー。上の写真は「Jo Siffert」。あの有名なジョー・シフェール。1969年、1970年のレースの際に撮影されたもの。

Derek Bell。Gulf Porsche 917K をJo Siffert とこのDerek Bell がドライバーを務めていて、その運転中にホイヤーのオータヴィアを着けていて人気が出た、という歴史があるんです。

1960年代の終わり頃〜1970年代にかけてモータースポーツ人気の中でも特別な存在だったドライバーが着用していたオータヴィアシリーズ。

またCal.11は世界初の自動巻きクロノグラフと歴史的なロマンが詰まった時計と言って良いんじゃないでしょうか?

2019年の今見てもデザインが格好良いので違和感なく着けられるのが◎

松野時計店さんでしっかりとオーバーホールもしてますので動きもバッチリです。

※5/25 売り切れました。ありがとうございます。

Select Language »