HAMILTON W10 British Army 1970s Vol.2

ハミルトン W10 英国陸軍 (British Army) をカジュアルなスタイルで合わせてみました。

ステンレスの塊をくり抜いて作られたワンピースタイプのケースは防水性が非常に高く、現在でも日常使いなら全く問題の無いレベルです。

ブラックのダイアルは締まった印象になるので◎

次はNATOストラップの色を変えると、どれぐらい印象が変わるのか試してみました。

Military Watchは固定式ラグなのでNATOベルトであれば気軽に変えられるのが◎

ベルトのカラー次第で雰囲気もガラリと変わるのでその日のファッションに合わせて1番しっくりくるものにするのがオススメ。

手首の色味でアクセントをつけるも良し、服と同じカラーで全体的にまとめるのも良し。

カジュアルな服にはダイバーやクロノグラフ、ミリタリーのような時計がばっちりハマります。

まずは濃いネイビーのストラップから。

次は薄いブルーのようなブルー寄りのグレーなNATOストラップ。

なかなかオシャレ感が出てます。

次はミリタリーと言えば、のこの色。

間違いないですね。ではこの時計について少しご紹介。

トノーケースと呼ばれる曲線的なケースが特徴のこのモデルは陸海空軍で同じものが使われ、陸軍(Army)はW10、海軍(Navy)は0552、空軍(Air Force)は6BBというコードが裏面に刻印されています。

この個体はW10ですので陸軍に納入され、シリアルナンバー 4577/75から1975年であったことが分かります。

実際に納入されていたミリタリー時計は大体のものに刻印が入っているので、どこに・いつ・どんなものが納入されたが判別できます。

上の写真から商品ページをご覧頂けます。

Select Language »