GRAND SEIKO SPECIAL Hi-BEAT 6156-8010

グランドセイコー 6156-8010 カットガラスが入荷しました。

Brand: SEIKO
Model: GRAND SEIKO Special Hi-BEAT
Ref: 6156-8010
Serial: 193xxx
Year: 1971
Movement: Automatic Cal.6156A
Case: 36mm
Material: Stainless Steel (HSS)
Lug Width: 18mm
Includes: Leather Strap, SEIKO D-buckle (Additional), SEIKO Service Paper

多面カットされたガラスが珍しいですよね。横から見ると上の写真のように見えます。

デイデイトのところを見ると分かりやすいです。

「GS」のロゴマークがゴールドのアプライド(植字)になっています。手間とコストがかかってます。

「SPECIAL」の文字もゴールドです。

「Special Hi-BEAT」とあるとおり、10振動のハイビートムーブメントである61GSをさらに入念に仕上げた特別ムーブメント。

どれぐらいの厳しい検定基準で当時出荷されていたかというと「日差±3秒」。かなり厳しい精度ですね。

この検査基準はグランドセイコーVFA(Very Fine Adjusted)に次ぐもの。

当時のセイコーはスイス時計に追いつき、追い越すぐらいの技術力があったと言えますね。

2019年2月にセイコーサービスセンターにてオーバーホール済みというのが安心ですよね。

オーバーホール時にパッキン交換とライトポリッシュ済み。

GSマークのリューズ。

ケースサイズも36mmとジャストサイズ。ケース・ダイアルのデザインは2021年の今見ても洗練されていますね。

1970年代初めでは間違いなく日本国内では最高のムーブメント、そして世界でも指折りの優れたムーブメントではないでしょうか。

当時のセイコー技術者たちが技術の粋を集めて作った時計がこの6156-8010。

国産時計の歴史的な面からみても重要な時計なんです。

 

English »