SEIKO PROFESSIONAL DIVER 600M 6159-7010 TITANIUM "TUNA"

セイコー 600m ダイバー 6159-7010 自動巻き / SEIKO 6159-7010 600m Diver Automatic が入荷しました。

1975年に発売されたセイコーのプロフェッショナルダイバー 600m。

チタニウム(チタン)を世界で初めてケースに使用した、ワンピース構造の600m飽和潜水仕様の本格ダイバーズウォッチです。ケース径が約50mmと見た目の大きさはありますが、チタンケースということもあって、持ってみると意外にも大きさほどの重さは感じません。

4時位置にリューズがあるデザインも面白いですよね。これはプロのダイバー向けモデルなのでリューズが邪魔にならないように、また装着感に考慮してデザインされたものです。

当時のダイバーが水中で溶接作業を行うというリクエストにも応えるため、対磁性能もあるというこの600mダイバー。

ムーブメントもグランドセイコーに使われたもの(61GS)と同じ36000振動のハイビート仕様Cal.6159B(自動巻き)が使われているんです。

SEIKO(セイコーミュージアム)のページに、この600mダイバーの開発秘話が載っているので興味のある方は読んでみると面白いですよ。

ダイバーウォッチの歴史を変えた(作った)重要な時計。

ストーリーがある時計って惹かれますよね。