ORIENT

ORIENT Olympia Orient Weekly Sqaure 1960s

$851.00

オリエント時計は1950年創業の歴史ある国産時計メーカーで、かつてはセイコー、シチズンに次ぐ3番手として様々な機械式時計を世に送り出していたブランド。

王道のモデルはもちろん、セイコーやシチズンには無い、独特なデザインや色使いの時計があります。現在はセイコーエプソンの一部門となっています。

こちらの時計は1963年に発売されたオリンピアオリエント ウィークリーです。1961年に発売されたオリンピアオリエントというモデルをベースに日付と曜日の機能を追加したライン。

ケースはスクエアタイプで大きすぎない、丁度良いサイズに仕上がっています。

文字盤はシルバーのサンバースト(サンレイ)仕上げなのですが、中心から放射状に広がるのでは無く、6時位置から広がっているという珍しい仕上げになっています。

非常に細かいのですが、日曜日の「曜」の文字が「ヨヨ」では無く「羽」になっているのが年代を感じられて面白いですね。

インデックスは大きめのバーインデックス、針は多面カットのドーフィンハンドで引き締まっています。手巻き式で曜日・日付を搭載した時計は意外と少なく、かなり珍しいタイプの時計とも言えます。

日付は3時と4時の間に、曜日は6時上に表示されるのがポイントです。筆記体のロゴと漢字の組み合わせは今見ると新鮮な感じがしますね。

日付の変更は針を動かして10時から2時くらいまでを往復させる方式です。曜日の変更は針を24時間分動かすことで可能です。

先に曜日を合わせて、その後に日付を針の往復で合わせるというのが良いかと思います。

2021年2月にオーバーホール済み。1年保証となります。

Model Wrist Size: 16.5cm

 

-Specifications

Brand: ORIENT
Model: Olympia Orient Weekly
Ref: F19626
Year: 1960s
Movement: Manual Cal.LCY
Case: 28.5×29.5mm
Material: SS
Lug Width: 20mm
Includes: Leather Strap


 

【Description】

Orient Watch Co., Ltd. is a Japanese watch manufacturer with a long history, founded in 1950, and used to be the third largest supplier of various mechanical watches after Seiko and Citizen.

There are not only the royal models, but also watches with unique designs and colors that Seiko and Citizen do not have. Today, the company is a division of Seiko Epson.

This watch is the Olympia Orient Weekly, which was released in 1963.

This line is based on the Olympia Orient model released in 1961, with the addition of date and day of the week functions.

There are few watches with manual winding and day and date like this one, and it is quite a rare type of watch.

【Warranty】

Completely serviced by our watchmaker in Feb 2021.
It comes with 6 months warranty.

You may also like

Recently viewed