Cartier

must de Cartier Tank LM Gold Small Roman

$2,674.00

1847年、ルイ・フランソワ=カルティエが宝石細工しとして工房をスタートさせたフランスのブランドで、腕時計の分野でも非常に歴史があります。

数あるカルティエの時計の中でもサントスと並ぶ代表作が角型ウォッチのタンクです。その名の通り、戦車をモチーフとしたデザインとして作られました。

アールデコデザインを取り入れたこの時計は多くの愛好家を生み、彼らはタンキスト(Tankist)と言われています。

モハメド・アリ、ダイアナ妃、イブ・サンローランなどがタンキストとして知られており、その中でもアンディ・ウォーホルは手巻きモデルのゼンマイすら巻かずに付けていたそうです。

この逸話はタンクの魅力はそのスタイルにあるということを物語っています。

ディフュージョンラインとして1970年代から作られたのが「マストタンク」シリーズです。

ケースはマストシリーズの特徴でもある、ヴェルメイユという技法が用いられたケースが使用されています。

ヴェルメイユは銀無垢(シルバー925)をベースに、20ミクロンの18Kゴールドの薄板を高温高圧で貼り合わせていく技法で、アンティークジュエリーなどで見られます。

ベースがシルバー、かつ非常に厚い金張りのため一般的な金メッキと比べると非常に高級感のある作りになっています。

また、マストタンクのダイアルデザインには様々なバリエーションがあります。

この時計はゴールドをベースにした2トーンカラーのダイアルで幾何学的なデザインです。

真上から見ると同じ色に見えますが、角度を変えると2トーンになっているのが分かります。

インデックスは3/6/9/12時のみが小さなローマ数字という飛びローマンとなっており、主張の少ないデザインです。

ケースサイズは横が23mm、縦が30.5mmの当時のメンズサイズで、現行のメンズモデルには無い小ぶりなサイズ感です。

そのため、男女問わずお使い頂けるのがヴィンテージのマストタンクの大きな特徴と言えると思います。

スクエア(正方形)では無くレクタングル(長方形)の時計、かつゴールドケースというのは、ヴィンテージウォッチでも意外と見つからない組み合わせです。

こちらはクォーツ式のムーブメントが搭載されており、使っていない期間があっても時刻合わせをする必要が無いため気軽にお使い頂けます。

ヴィンテージウォッチを初めて購入される方はメンテナンス費用も比較的抑えられるため、クォーツ式のものをおすすめします。

ケースには再メッキを施しています。非常に厚手の再メッキで、かつ、地のシルバーの上にニッケルメッキをかけてから18Kのゴールドメッキを行っており、変色しにくい状態となっています。

時計は非防水となります。

薄手のダークブラウンのレザーベルトが付属します。

ケース再メッキ済み、風防ガラス交換済み。

松野時計店さんにて電池交換済み。1年保証となります。

-Specifications

Brand: CARTIER
Model: must de Cartier Tank LM
Year: 1980s
Movement: Quartz
Case: 23x30.5mm (Without Crown)
Material: Silver925/Vermeil
Lug width: 17mm
Bracelet: Dark Brown Leather Strap
Includes: Watch Only

The battery has been replaced and all functions inspected by our watchmaker before listing
The case has been re-plated, the crystal glass has been replaced with brand new
1-year Mechanical Warranty
Global shipping via FedEx International Priority



You may also like

Recently viewed