Cartier

must de Cartier Tank LM Gold Line

$2,297.00

カルティエは1847年、ルイ・フランソワ=カルティエが宝石細工しとして工房をスタートさせたフランスのブランドで、腕時計の分野でも非常に歴史があります。

1917年に誕生し、サントスと並びカルティエ時計の代名詞とも言える角型ウォッチのタンク。

アールデコデザインを取り入れたこの時計は多くの愛好家を生み、彼らはタンキスト(Tankist)と言われています。

モハメド・アリ、ダイアナ妃、イブ・サンローランなどがタンキストとして知られており、その中でもアンディ・ウォーホルは手巻きモデルのゼンマイすら巻かずに付けていたそうです。

この逸話はタンクの魅力はそのスタイルにあるということを物語っています。

そのタンクのディフュージョンラインとして1970年代から作られたのが「マストタンク」シリーズです。

ケースはマストシリーズの特徴でもある、ヴェルメイユという技法が用いられたケースを使用しているのが特徴。

ヴェルメイユはシルバー925をベースに、20ミクロンの18Kゴールドの薄板を高温高圧で貼り合わせていく技法で、アンティークジュエリーなどで見られます。

ベースがシルバー、かつ非常に厚い金張りのため一般的な金メッキと比べると非常に高級感のある作りになっています。

マストタンクにはダイアルデザインには様々なバリエーションがあります。

この時計はアイボリーカラーのダイアルにゴールドのラインが入り、その内側にローマ数字が縦に配列されたデザインで「縦ローマ」と呼ばれることもある文字盤です。

文字盤は陽の光が当たるとホワイトのように見えることもありますが、ベースはアイボリーカラーです。

また、10時のⅩの片側が「Cartier」という隠し文字(シークレットサイン)があり、何とも憎らしい演出。

ケースサイズは横が23mm、縦が30mmの当時のメンズサイズで、現行モデルには無い小ぶりなサイズ感ですので女性も違和感なく付けられる大きさです。

スクエア(正方形)では無くレクタングル(長方形)の時計、かつゴールドケースというのは、ヴィンテージウォッチでも意外と見つからない組み合わせです。

こちらはクォーツ式のムーブメントのため、使っていない期間があっても時刻合わせをする必要が無いのが非常に楽です。

初めて購入される方はメンテナンス費用も比較的抑えられるため、クォーツ式のものをおすすめします。

ケースは再メッキ済み。シルバー925の上にニッケルの薄膜をメッキして、その上に18金メッキをしていますので黒ずみや変色がし難いため、長く綺麗な状態でお使い頂けます。

アリゲーターの独特な丸符模様が特徴のダークブラウンのレザーストラップを合わせました。尾錠はカルティエの純正尾錠です。(若干のメッキ剥がれあり)

こちらの時計は非防水となります。

オーバーホール後のお渡しとなります。オーバーホール後、1年保証となります。

-Specifications

Brand: CARTIER
Model: must de Cartier Tank
Ref: 590005
Year: 1990s
Movement: Quartz
Case: 23x30mm
Material: Silver 925/Vermeil
Lug Width: 17mm
Includes: Genuine Buckle (Faded)
Bracelet: Dark Brown Leather Strap (RIOM-C)

The watch would be completely serviced by our watchmaker after your order 
1-year Mechanical Warranty
Global shipping via FedEx International Priority


 

You may also like

Recently viewed