SEIKO 6159-7001 300m Diver

SEIKO 6159-7001 300m Diver / セイコー 300mダイバーが新入荷しました。

300mダイバーと呼ばれるこの時計は1968年に発表されました。

当時としては非常に珍しい、裏蓋の無いワンピースケースに10振動(36,000振動)のハイビートムーブメントを搭載したモデルで、セイコーを代表するダイバーズウォッチの一つ。

1970年に冒険家の植村直己と登山家の松浦輝夫が日本人として初めてエベレスト登頂に成功した際にこの300mダイバーを着けていたことで、高い信頼性が証明されたんです。

そういう歴史的なストーリー(物語)があるのもココロをくすぐられる要因ですが、単純にデザインが格好良いですよね。

ケースサイズは44mmと数字だけを見れば大きく思いますが、曲線的なデザインのため実際に着けてみるとロレックス サブマリーナーと同じようなサイズに感じます。

腕周り15.5cmぐらい以上ある方なら、全然いけると思います。

商品ページはこれから制作予定ですが、店頭ではご覧頂けます。