ROLEX EXPLORER II 16570 WHITE DIAL “POLAR”

“Polar”というのは英語圏でRef.16570と前モデルのRef.16550のホワイトダイアルに付けられたニックネームで、「南極」を意味します。

どういった経緯でこう呼ばれたのかは定かではありませんが、当時のロレックスの広告で南極探検家が装着した時計と謳っていた点と南極大陸のように白い文字盤のため、こう呼ばれるようです。

人類未踏の地へチャレンジする探検家のために開発されたモデル、エクスプローラー。

エクスプローラー IIはエクスプローラー Iの機能性、堅牢性を高めた上位モデルととして1971年に最初のモデルが誕生しました。

極地や洞窟探検といった昼夜の区別がつかないような、極限の環境下での使用を目的とした時計として、24時間表示ベゼルと24時間針が備わったのが最大の特徴です。

1988年のセカンドモデルで大幅にデザインが変更され、現在のベースとなっています。また、GMT機能も搭載され2カ国の時間表示が可能になりました。

この時計はエクスプローラーIIのサードモデルとなるRef.16570です。セカンドモデルからはムーブメントが変わり、さらに精度と安定性が向上しています。

1991年から2011年まで販売されたロングセラーであり、40mmのケースサイズとしては最後のモデルです。

次のモデルとなるRef.216570は現行モデルでもあり、42mmへと大型化されています。

雨の日や汗をかく季節などオールシーズンで安心して使えるロレックスのスポーツモデル。

その中でもあまり人とかぶりたく無いな〜という人には、このエクスプローラー II ホワイトダイアルがおすすめです。