CITIZEN CHRONOMASTER 1960s

シチズンの1960年代における最高峰機械式時計がこのクロノマスター。

 当時の国産時計の中でも最高級ランクに位置づけされるこの時計は、1967年10月から製造されました。

52系と呼ばれる52xxのムーブメントを搭載した自動巻きがクロノマスターは有名ですが、この時計はその手巻きバージョンで自動巻きと比較すると生産数が少なく希少です。

1960年代、70年代を代表する国産時計のひとつ、と言って間違いないかと思います。

SEIKOに比べてまだまだ知名度と注目度が高くないシチズンですが、これから再注目されるであろうブランドですね。

デザインは見た通りかなりシンプルですが、ラグ部分をよく見るとツイストしていたりインデックスにはオニキスが使われていたりと当時の高級時計であったということが分かります。

ムーブメントも当時のシチズンの高精度・最高級品を使っているラインなんです。

スクリューバック(ねじ込み式の裏蓋)なのでスナップバック(はめ込み式)に比べ防水性もあり、普段使いにも向いていると言えますね。

36mmのケース径は腕周り約16.5cmで大きすぎず・小さすぎずのちょうど良いサイズ感なんです。

ムーブメントやデザインなど、まだまだ過小評価されている1960年代、70年代の国産時計。

まだ多くの人が価値に気づいていないだけでこれからどんどん評価が高まっていくと思いますよ〜。

 

(写真をクリックで商品ページへ)