新入荷 SEIKO Champion 850 Alpinist

ヴィンテージ セイコーの中でも、これはなかなか見たことが無いんじゃないでしょうか?

Seiko チャンピオン850 アルピニスト。

 

 

1964年〜1966年にかけて、僅か2年間しか作られていなかったと言われているシロモノ。

まず何と言っても、デザインと全体のバランスが◎

短針と長針の夜光のグリーンカラーがワンポイントで良い感じです。

 

アルピニストという名前の通り、リューズや裏蓋にマウンテンのロゴが入っているのがオシャレ。

ヴィンテージのセイコーって知らないだけで、スイスなどの時計大国に負けないぐらい良いのが眠っています。

またこの時計、何と言ってもサイズ感がちょうど良いんです。

大きすぎず小さすぎず、ピッタリな感じ。

いままでヴィンテージのセイコーは全然ノーマークだった人は日本発ブランドの『SEIKO』を選択肢に入れてみてはいかが?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。