スーツスタイルやドレスダウンしたカジュアルに合う時計。

時計を買う時に上げる条件は人それぞれですが、やっぱり服装とのバランスを考えることが多いと思うんです。

 

大切な商談や外回りの営業のときにあまりにもギラギラした時計やスポーティな時計をしていると第一印象が良くないですよね。

またちょっとキレイ目なスタイルにゴツメな時計っていうのも、どこかちぐはぐな印象を与えてしまいます。

お洒落な人は「自分だけのこだわり」プラス「人からどう見られるか」というポイントを意識してることが多いような気がします。

トータルのバランスが良く、服の雰囲気から素材・質感や時計まで、全てにおいてバランスが取れているっていうのがベスト。

 

そんな中でも意外と悩んでしまうドレススタイルやキレイめな格好に合う時計をアルビトロがご提案。

 

OMEGA “Tank Style” Rectangle 14K

Brand:  OMEGA
Ref:  DD6923
Year:  1978
Movement:  Manual  Cal.625  / Recently fully serviced (OH済み)
Case:   27mm x 24mm
Material:  14K  Solid Yellow Gold
Strap:  18mm

 

どんな人が着けてもある程度はオシャレに見えてしまう、このCartier Tank に似たスタイルのオメガ。

ケースのデザインと大きさが絶妙です。

 

 

白文字盤にローマ数字のインデックス。白×黒のカラーの組み合わせは、伝統的、清潔感、高級感やスタイリッシュさ、そんな感じや雰囲気が勝手に出ちゃうので◎

 

 

14K GOLDなんですが、ギラギラしたゴールドでは無く品のある落ち着いたゴールド。

これなら手元で主張しすぎず、でも印象には残るっていう感じです。

 

 

ドレススタイルに合う時計は薄さが重要。シャツの袖に引っかからないぐらいの厚みが理想的です。

好みにもよりますが、重さは軽めの方が疲れなくて良いかもです。

デスクワークで重いのを着けていると疲れてきますもんね。

 

 

カジュアル目なスタイルに着けてみるとこんな感じ。

キッチリ感を出したい時、ストラップはブラックがおすすめです。

ゴールドのケースが黒色で締まって見えるんです。

 

次も似たような時計ですが、こちらはOMEGAのDE Ville。

OMEGA De Ville (デ・ヴィル)

Brand:  OMEGA
Model: De Ville
Ref:  5110404
Year:  1970s
Movement:  Manual Cal.625
Case:   25x24mm (リューズ含まず)
Material:  GP/SS
Strap:  18mm
Includes:  Strap/Original Buckel

 

ストラップの素材とカラーを変えると全然印象が変わるのが面白いところ。

この組み合わせの方がよりオシャレ感が出ます。

 

大人になってくるとゴールドの時計が1つは欲しくなりません?

次はあまり知られていませんが、セイコー初の自動巻き時計 Grand Seiko 6246-9001。

GRAND SEIKO CAP GOLD 6246-9001

Brand:  SEIKO
Model: GRAND SEIKO
Ref:  6246-9001
Year:  1967
Movement:  Automatic Cal.6246
Case:   36mm
Material:  CAP GOLD
Strap:  19mm
Includes:  Strap

 

4時位置のリューズは出っ張りが少なく、丸みを帯びたケースデザイン。

実はこれ、セイコーのデザインではかなり珍しいんです。

CAP GOLD (キャップゴールド)は260ミクロンという極厚の14Kゴールドの金張り。

見た目は金無垢ほぼ同じという加工なのでほぼほぼ金無垢なんです!って人に言っても良いんじゃないでしょうか。

 

GRAND SEIKO CAP GOLD 6246-9001
GRAND SEIKO CAP GOLD 6246-9001

 

この時計、なかなか出回っていないというのもありますが、単純にデザイン・素材・大きさのバランスがめちゃめちゃ良いです。

ちょっと良い時計となるとすぐにスイス製の時計が思い浮かびますが、SEIKOも選択肢に入れてみてはいかがです?

この時代のセイコーが、採算度外視でスイス製の時計を超える良い時計を作る、この一点に絞って作られた時計なのでモノは間違いなく、へたな海外製の20万円代の時計を買うぐらいならこの時計を買った方が◎

この質の時計が何でこんなに安いのって言うぐらい、おすすめです。

 

時計の修理やオーバーホールも承ってます。

 

とは言え、やっぱりROLEXは良いですね。

このサブマリーナだけじゃないですが、ロレックスは手に持った時のズッシリ感、かなり精巧に作られているっていうのが体感できます。

写真だけでは伝わらないのが残念ですが、実物を見てみて実際に手にとって着けてみるとあ〜こういうことかー!と納得です。

 

時計の修理やオーバーホールも承ってます。

ロレックスに限らずですが、オーバーホールや修理も承ってます。

手巻きや自動巻き問わず修理のご相談はアルビトロへ。

 

次はお魚リューズと呼ばれる魚マークがカワイイIWCのヨットクラブ。

ヨットクラブじゃ無くても良いんです。

IWCはデザインがシンプルながらドレッシーなものが多く合わせやすい時計が多い印象。

 

特にこのヨットクラブはジェラルド・ジェンタがデザインした時計ということもあり、スーツにかなり合います。

ムーブメントも壊れにくく、整備もしやすいので長く使えます。

 

TUDOR Tonneau

Brand:  TUDOR
Model:  Tonneau (トノー型)
Ref:  N/A
Year:  1940s
Movement:  Manual Cal.59 / Recently fully serviced (OH済み)
Case:   27mm x 20mm
Material:  Stainless Steel
Strap:  17mm
Includes:  Strap (Dバックル)

 

1940sのヴィンテージ感がたまらない、チュードルのトノー型手巻き時計。

デザイン、ケースサイズともに、やり過ぎない、ちょうど良いバランス。

「ブルースティール針」がさりげない感じでオシャレ。

サイドに彫刻が施されたケースと、どれも職人さんが良い仕事してます。

 

このグレイビングがアクセントになってます。

パッと見ではそこまで目立たず、よく見ると分かるっていうのがポイント。

オシャレさんにはこういうよく見てやっと分かるっていうところが響くと思われます。

 

LONGINES CONQUEST

Brand: LONGINES
Model: CONQUEST
Ref: 6651
Year: 1970s
Movement: Automatic Cal. 431
Case: 35mm
Material: Gold Filled/Stainless Steel
Strap: 18mm
Includes: Strap

 

昔の舶来時計と言えばロンジンって言われるほど高級品のイメージが強いブランド。

今はあまり高級な時計っていう感じはしないかもですが、昔のモデルのクロノグラフとかダイバーズなんかも良い時計がかなりあります。

ロンジンの時計はムーブメントは特にですが、とても丁寧に作られています。

 

 

グレーのダイアルは落ち着いた印象を与えますね。

この時計は40代以上ぐらいの方に合うのはもちろん、30代の方でも外しワザ的に着けるのも面白いかも。

ロンジンでコンクエストっていう、時計を知っている方ならオッ!と思う組み合わせ。

 

左)GRAND SEIKO 5641-7000 Hi-BEAT(売切れ)

右)GRAND SEIKO 5645-7010 Hi-BEAT (売切れ)

 

グランドセイコーの落ち着いたモデル。

56GSと呼ばれる56-で始まるグランドセイコーのロングセラーなモデル。

いろんなバリエーションがあって色々選択肢があるので自分の欲しいデザインに合わせて買える点が◎

 

左は卵型のケースがやわらかい、優しい印象。

右は現在のグランドセイコーにも引き継がれている多面カット、鏡面仕上げのケースはセイコーの象徴。

シンプルな時計を探しているっていう人はGS(グランドセイコー)やKS(キングセイコー)も選択肢に入れてみるのもアリです。

 

まだまだオススメしたい時計はありますが、とりあえずここまで。

どんな時計が良いのか分からない、こんな時計を探してるっていうご相談もお気軽にどうぞ〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です